シャイン

こんばんは

みいるです(ΦωΦ)


今日のブログ当番です。

会社のお仕事に追われてネタが社畜案件しかないのですがどうしましょう。


というわけで簡単な社畜ブログ(酷)



本日は昨年の評価面接がありました。


私の会社では半期ごとに上司に評価してもらうための目標を設定し、

その結果を自身で記載したものを持って上司の評価を受けるという、糞評価制度があります。

上司が現場を見る時間もなく公平な評価が出来ないからあるものだとは思いますが、

実のところ上司が楽をするためのものってだけです。

忙しいから仕方ないね?


2016年度下期は大変でした。

本気で会社を辞めてしまおうかと考えていたレベルでした。


というのも、私は自身が所属する部署の仕事ではなく、

別部署が運営していたプライベートクラウド環境の保守運用、

更にサービス展開まで任されてたわけです。


こいつが厄介な代物でした。

戒めとしていつか見直すときに「ああ、こんなくそな時期があったなあ」と見直すことに私用。

時系列で適当に


 ↓私が社内用に基幹システムの新環境を構築(設計、設定、運用手順、管理表完備)

 ↓他社案件で客先常駐開始

 ↓客先常駐している間に新環境が流用されA上司とB先輩によりプライベートクラウド化

 ↓構築半ばにB先輩が退職(疲れからか、ほぼ死んでた)

 ↓C先輩へ引き継がれたが、環境がよくわからん どうしよう?byC先輩

 ↓後輩のみいるが保守出来る構成に作り変えよう!byC先輩(みいること私は当時客先常駐中)

 ↓作り変えるから既に運用してる環境作り変えるよ!手伝って!byC先輩

 ↓定時後都内から事務所まで1時間かけて移動してから残業、はたまた休日出勤しての移行作業

 ↓いざC先輩で運用開始

 ↓D後輩が入社

 ↓A上司&C先輩&D後輩によりサービス検討

 ↓出来ないものを出来ないとは言えない!という体でサービスが運用されているものとして稼動

 ↓次々に利用し始めるユーザ達

 ↓回しきれない業務 byC先輩&D後輩

 ↓使えない新サービス byC先輩&D後輩

 ↓時間がなくて検証出来ない新サービス(稼働中) byC先輩&D後輩

 ↓終わらない残業 byC先輩&D後輩

 ↓A上司異動 絶望するメンバー 異動条件が良く浮かれるA上司

 ↓みいる(ΦωΦ)客先常駐常駐を終え本社勤務(ΦωΦ)

 ↓C先輩の異動 引き継ぎされず頭を抱えるD後輩 突如メイン担当を言い渡されるみいる(ΦωΦ)

 ↓管理されない顧客情報 設計資料の無い環境 更新されない管理(笑)表

 ↓絶望するも 一応資料から整えるみいる(ΦωΦ)

 ↓属人化により電話がなりやまないD後輩

 ↓環境整備 増強を訴え予算を奪いに行くみいる(ΦωΦ)

 ↓んなのに投資出来るか!お前の名前覚えたぞ by部長兼役員

 ↓折れるみいる(ΦωΦ) 傍ら根回しからの予算獲得(ΦωΦ)b 足りない環境の増強

 ↓作成・管理され始める資料 属人化された運用の撤廃(ΦωΦ)

 ↓少しずつ回り始める運用

 ↓D後輩別プロジェクト異動(ΦωΦ)?! 取り残されるみいる(。ΦωΦ。)

 ↓配属されるE新人

 ↓白羽の矢が立つE新人

 ↓ここが本当に地獄

 ↓社内用プライベートクラウドで大規模障害発生

 ↓障害台帳がない いままでの証跡がない 設計&手順だけでなくなんもねえじゃねえか!!!

 ↓障害箇所が標準で補償されない構成が判明 保守問い合わせ不可となり阿鼻叫喚

 ↓社内の顧客から金返せコール

 ↓社長室への呼び出し(。ΦωΦ。)

 ↓おしかりを受けるも言ってることは御尤も。「なぜ資料が無いか?」(C先輩に聞いて下さい)

 ↓突然の他社仕事担当F先輩異動 未経験作業を割り振られるみいる(ΦωΦ)!?

 ↓他社仕事で顧客と同意済みで本番作業のみの案件を代替わり(ΦωΦ)!?

 ↓代替わり案件で大規模障害発生(ΦωΦ)!?!?

 ↓管理者ユーザ削除事件(用意して貰ったSQLに仕込まれていた…)

 ↓復旧徹夜 顧客との信頼関係ブルブル

 ↓なぜか顧客好印象(代替わり案件であることの理解、手厚いサポートを行ったことでの評価上昇

 ↓同部署他メンバー対応中の環境で自社トラブル 何故か割り振られるトラブル対応(ΦωΦ)!?

 ↓いつのまにか中心に配置されるみいる(ΦωΦ)

 ↓回らない2足ならぬ3足のわらじ(ΦωΦ)

 ↓もうむりぃ!(ΦωΦ) (ΦωΦ)ヒャー

 ↓

 ↓



この文章はここで途切れている(ΦωΦ)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelic7.blog17.fc2.com/tb.php/135-d3154fc8

 | ホーム |